バイアグラの副作用は?

EDの方には手放せない救世主のバイアグラですが、どんな薬には副作用はつきものです。もちろんバイアグラも例外ではありません。以下に、報告されている副作用の種類とその割合を紹介します。

頭痛

臨床実験では使用者の16%に見られた副作用です。バイアグラには、25mg/50mg/100mgの濃度がありますが、含有量が多くなるほど副作用も強くなる傾向です。

のぼせ・ほてり

顔面を中心に1割程度の使用者に起こります。ただ、この症状を副作用というのかは別問題であり、「ほてりがあった方が効いている感じがしていい」という方もいます。

消化不良

下痢や胃部不快感などの症状が約7%の方に起こります。

色覚異常

ごく稀にですが、景色が眩しく見えるほか、物が青く見える「青視症」が起こる場合があります。以上のようなバイアグラの副作用は、用法・用量を守って服用する分には発生率は低く、症状自体も一時的かつ軽微なものとなっています。