ED薬の身体の中での反応

EDの薬の中で一番ポピュラーなのがバイアグラです。

バイアグラという薬品名自体は大変有名ですが、「実際に服用した後、身体の中でどんな反応が起こるのか?」を知っている方は少ないと思います。そこで、ここではバイアグラを例にとって、ED治療薬の作用機序を簡潔にご説明したいと思います。

バイアグラの作用機序

身体の中には血管を広げようとする物質「環状グアノシン一リン酸」が存在します。また同時に、「環状グアノシン一リン酸」を分解して血管を元に戻そうとする働きをする物質「5型ホスホジエステラーゼ」が存在します。

この環状グアノシン一リン酸と5型ホスホジエステラーゼの2つの働きによって、血管は「広がり過ぎず縮まり過ぎず」の絶妙なバランスで保たれています。

バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」は、5型ホスホジエステラーゼの働きを阻害する事ができます。バイアグラを服用すると血管が広がったままの状態を保つことになるので、陰茎の血管(動脈)は拡張して血液はドンドン流れ込んでいきます。このような仕組みによって、バイアグラは勃起を促進してくれるのです。

陰茎の組織はスポンジ状になっていますので、一度「勃起」によってスポンジがパンパンになるとスポンジから出て行こうとする血液が圧迫されるため勃起が維持されます。

なお、何かしらの要因で陰茎のスポンジ状の組織が膨張しづらい、または膨張しても血管が広がっていかず血流が元に戻ってしまう場合があります。この症状がEDです。